NEWS! - event

3/17〜4/2 niuhans 2017 Spring/Summer Collection

3月17日(金)から4月2日(日)までの期間
RECTOHALLにて、niuhansの春夏コレクションを特集します。

niuhans17ss

 

「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」

人種・性別・年齢・職業等を問わず、世界中の人々の生活環境にフィットするようにと
提案を続けているniuhansの今季のコレクションは
日本だけではなく西欧の伝統的モノ作りを反映しながらも
生活にスッと溶け込む、シンプルかつクリーンなもの。

カシミアのような艶やかで柔らかな肌触りのスビンコットンTシャツ。
ヒノキ、エルダー、マロウの植物から染料を抽出し、生地染めにて淡い色合いに仕上げたボタニカルダイシャツ。
京都の職人が、西欧の伝統的なアイリッシュリネンを、琉球藍で1点1点丁寧に染め上げたボタンダウンシャツ。
スロヴァキアの老舗シューファクトリーにて、1950年代から残るクラシックなマラソンシューズを復刻、別注したオールレザーのスニーカー。

天然素材や伝統技法といった価値観と、今の時代に合ったデザインやシルエット。
双方を大切にし、過去と現代の関わりのなかで提案される
niuhansの2017年春夏コレクションがご覧いただけます。

また、会期中は(イラストレーター/勝山八千代)による
niuhansオリジナルショッピングバッグ(¥1,500 + tax)を数量限定で販売いたします。
※数がなくなり次第、終了とさせていただきます。

IMG_5484

 

niuhans × RECTOHALL Special Item

CS85

今シーズンniuhansがリリースをするスビンコットンTシャツ。
通常のホワイト、グレー、ネイビーに加えて
RECTOHALLでは染色を施さず生地そのものの風合いがお楽しみいただける
エクリュ (生成り) を生産いただきました。

 

niuhans

ブランドコンセンプト 「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」
デザイナー濱田大輔が、パリ Maison Kitsune、ロンドン Ann-Sofie Back 等のコレクションブランドでの経験を経て
2010年に立ち上げた東京を拠点とするブランド。2011年春夏コレクションでデビュー。

 

Event Date & Place

Date: 3/17 fri. – 4/2 sun.
Open: 12:30 – 19:30
Close: 3/27 mon.
Tel: 03-3716-1202

Aeta 2017 SS Collection

2月17日(金)から3月5日(日)までの期間
RECTOHALLにて昨シーズンより取扱いを開始したブランド、Aetaの春夏コレクションを特集します。

aeta_moonstar

訪れた国や地域、人との一期一会を通じて生まれるものづくり。
ブランドの語源は日本語の「逢えた」に由来。
1つ1つの出逢いを大切に、型にはまらない自由な発想で作られたAetaのプロダクトを紹介します。

 

2017SS NEW ITEM
Aeta × MoonStar, BOSA COLLECTION

素材の開発から製品に至るまでの全ての工程を福岡県・久留米市で行う moonstar の工場にて
生地の製作を依頼したコラボレーション・コレクション。

aeta_moonstar2

ムーンスターの名でも知られる工場で作られた
コットン100%の生地にゴム引き加工を施したオリジナルのファブリックは
レザーに負けない迫力のある上品な佇まいです。
Aeta定番のリュックサックとトートバッグを発売します。aeta_bosa

また現在は製造されていない旧式力織機で織った
超高密度帆布の風合いと、フサフサと揺れる糸の清涼感を生かした新作
BOSA COLLECTIONも並びます。

 

LUNGI COLLECTION

aeta_lungi

バングラディシュの生活に根付いた肌触りの良い布を
上質なカウレザーと組み合わせた小物コレクション。

原材料の選定から生産までの全ての工程を現地で行っています。

様々なパターンや独特な色彩の組み合わせにより、1点1点表情が異なった
選ぶ楽しみが感じられるプロダクトです。

 

LEATHER COLLECTIONS

aeta_leather

上質なカウレザーをベースに、素材への入念な研究と度重なる試作品製作によって
完成した、Aeta 定番のレザープロダクトも一同に並びます。

 

Dates

Dates: 2/17 fri. – 3/5 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: monday
Tel: 03-3716-1202

ooe -pop up shop-

2017年1月24日(火)から2/5(日)の期間、ooeによる手作りの服がRECTOHALLに並びます。

ooe_1_800

 

母と娘のなんてことない会話の続きには、いつも洋服作りの話がある。
洋服の話になると、2人はどんな時も前向きになれる。

毎日着る服は1日の始まりともとらえて
着心地がよく、気取らずに着こなせる衣服をooeは提案しています。

一点モノのアイテムも多数並びます。ぜひご覧にお越しください。

デザイナー在店日:  1/28 sat.  1/29 sun.  2/4 sat.  2/5 sun.

 

ooe2017_500

 

RECTOHALL meets ooe

大江さんはマニッシュで凛としていて、これまで会った事のないような独特な美しさを持った女性です。
服装のせい?思わずお聞きしました。

「その服はどこの服ですか?」
「私が着ている服はほとんど、子供の頃から母が作っているんです。」

お母さんはアパレルでお仕事されたことはないとのこと。お母さんだけをやってきたそうです。
このセンスはどこから来たのでしょうね。手作りの才能が羨ましいです。

ooeの服を初めて見た時の新鮮な気持ちを、皆さまにもお届けできればと思います。

 

ooe

袖を通してボタンをとめて、着てみてわかる心地良さ。
日常とともにある洋服と服作り。
デザイナーである娘が母と2人で目指してきた
シンプルでも人の目にとまるデザインの衣服を提案しています。
http://www.ooe.tokyo/

 

Dates

dates: 1/24 tue. – 2/5 sun.
access: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:30 – 19:30
Close: 1/30 mon.
Tel: 03-3716-1202

3 days SALE

sale

12月27日(火)から29日(木)、年末最後の3営業日
RECTOHALLにて秋冬を中心とした衣類のセールを行います。
30%〜50%OFFとなります。

皆さまのお越しを心からお待ちしております。

※セール除外品もございます。
※セール商品の交換・返品はお断りしております。予めご了承下さい。

Dates

Dates: 12/27 tue. – 12/29 thu.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Tel: 03-3716-1202

Online Shop

オンラインショップもセール価格となります。
> ONLINE SHOP

NAOTSUGU YOSHIDA EXHIBITION 2017

2017年1月6日(金)から1/22(土)の期間、陶芸家 吉田直嗣の個展を開催します。

n-yohida2017_800px

 

富士山麓で作陶を続ける吉田直嗣。
彼ならではの美意識が形になった器は、ストイックでエッジが効きながらも、
人の気配とおおらかさが混じりあっているのが魅力です。

今年の新作であるライトグレー、定番の白磁・灰釉の白から、鉄釉の黒まで
吉田直嗣の作陶する品々が、一同に勢ぞろいする貴重な個展となります。

作家在店日: 個展初日 1/6 fri.

 

SPECIAL

個展では和洋を問わずデイリーに使いやすく、かつシックで美しい佇まいの器を
という想いでRECTOHALLからお願いをした、特別なサイズのパン皿やスープ皿が並びます。

 

吉田直嗣

1976年生まれ。東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵に師事。
2003年富士山のふもとに築窯。器を中心に陶磁器の作品を制作している。
RECTOHALLでは、2012年より定期的に個展を開催。

 

Exhibition dates

dates: 1/6 fri. – 1/22 sun.
access: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:30 – 19:30
Close: 1/16 mon.
Tel: 03-3716-1202

Yoshimitsu Nakasono Exhibition 2016

昨年に続いて作陶家 中囿義光の個展を開催します。

作家在店日: 個展初日 11/25 fri.

img_3912

 

RECTOHALLをイメージして作陶いただいた「白」を基調に
中囿義光らしい金や銀が挿し描かれた器が並びます。

また今年は新作となる銅彩の器も登場します。

大学の卒業制作時には確立していたという、
ドットやボーダーなど色柄の作品が定番として知られている中囿義光。
考えるのではなく、浮かぶことを雰囲気の完成度を意識しながら形にする、と言います。
好きなものを形にした結果、その不揃いが選ぶ楽しみに繋がればいい、という通り
まるで骨董市で見つけ出すかのように、形は全て異なる1点もの。

ぜひ自分の、あるいは誰かのための、「たった一つ」を見つけていただければと思います。

 

中囿義光(なかその よしみつ)

1984年 愛知県名古屋市生まれ。
2009年 名古屋造形大学大学院 造形研究科芸術専攻修了後、
多治見市にあるstudio MAVOにて作陶開始。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 11/25 fri. – 12/11 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: Monday
Tel: 03-3716-1202

THE HINOKI 2016 Autumn/Winter Collection

11月2日(水)から11月13日(日)まで
RECTOHALLにて、THE HINOKIによる2016秋冬のコレクションを特集します。

11月3日(木) はデザイナーが在店します。

the_hinoki_5

 

光を感じるイメージ。柔らかく自由、かつ知的。

THE HINOKIの衣服は身につけたときに
凜とした空気感とモノとしての美しい佇まいを感じます。

そしてその生産背景には、通底する理念と意思があります。
オーガニックコットンやボタニカルダイといった、伝統的な素材や技法の活用していること。
陶器&木のボタンなど洋服の細部をブランドが拠点を置く鳥取の職人と共同生産していること。

上質で健全な衣服という価値観を大切にしながらも
THE HINOKIならではのイメージが投影された、美しいコレクション。

温もりが感じられるフランネルのガウン、シャツ、パンツや
軽くて柔らかなオーストラリアンウールに木のボタンを添えたコートなどが並びます。

この機会にぜひご覧くださいませ。

 

THE HINOKI

国内ブランド COSMIC WONDER にてパタンナーとして従事した者たちが、
2015春夏シーズンより THE HINOKI をはじめる。
ブランド設立を機に、都会から離れ、木々や田畑の広がる自然環境の中で生活と制作の日々を過ごす。
世界中から厳選された、オーガニックコットン、リネン、ウール等の
上質で健全な天然素材、天然染料を使用した衣服を制作。
活動拠点に近い目の届く範囲での物作りを実践し、地域の素材や作り手と共に仕事を行う。
精神、社会、環境、同時代を生きる人とつながり、共生できる表現活動をいう想いで活動をしている。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 11/2 wed. – 11/13 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: 11/7
Tel: 03-3716-1202
Contact: official@rectohall.com

THE HINOKI デザイナー 在店日: 11/3 Thu.

niuhans 2016 Autumn/Winter Collection

10月14日(金)から10月30日(日)までの期間
RECTOHALLにて、niuhansの秋冬コレクションを特集します。

niuhans_16aw_image_3_2

 

「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」

人種・性別・年齢・職業等を問わず、世界中の人々の生活環境にフィットするようにと
シンプルでクリーンな日常着を提案しているniuhans。

今季のコレクションは、イタリアから望むアルプス山脈の雄大で自然豊かな山々をイメージして生まれました。

 

niuhans_16aw_image_4_2

 

京都の老舗染工所で天然染料で染め上げたやさしい色合いのアーミージャケット、パンツ。
ニュージーランド産の上質なメリノウールを贅沢に使用したやわらかな風合いのスウェットシャツ。
無染色のオーガニックコットンとヤク毛の混紡した役コットンの雰囲気あるフランネルシャツ。
上質なウールとキャメルの生地を用いた、京都の老舗工場の職人によるハンドメイドのコート。

天然素材や伝統技法といった価値観と、今の時代に合ったデザインやシルエット。
双方を大切にし、過去と現代の関わりのなかで提案されるniuhansの2016年秋冬のコレクションを特集します。

 

niuhans × RECTOHALL Special Color

今シーズンniuhansがリリースをするピンストライプのボーダーセーター。
通常のオリーブ、ネイビー、ブラウンに加えて
RECTOHALLでは鮮やかなブルーの別注カラーを生産いただきました。

 

niuhans

ブランドコンセンプト 「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」
デザイナー濱田大輔が、パリ Maison Kitsune、ロンドン Ann-Sofie Back 等のコレクションブランドでの経験を経て
2010年に立ち上げた東京を拠点とするブランド。2011年春夏コレクションでデビュー。
http://www.niuhans.com/

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 10/14 fri. – 10/30 sun.
Address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: Monday
Tel: 03-3716-1202
Contact: official@rectohall.com

“yourwear 2016 AW Collections”

yourwearによる2016秋冬のコレクションをご紹介します。

yourwear

 

今期の新作はジャガード織りです。
軽くて、それでいてしっかりとした厚みのあるウールを用いて
シックで暖かみのある色合いのストールとマフラーが作られました。

イベントには定番のストールやキャップ、限定のハンドニットの靴下も並びます。

今年の定番品は、身に付けたときに
風合いや表情の違いが際立って素材の個性が強く感じられるような
ベーシックカラーに色を絞り込んだコレクションです。
またハンドニット仕立ての靴下は数量限定でのご用意となります。

ぜひこの機会にyourwearならではのニットの魅力を感じていただければと思います。

 

WINTER SOCKS

イベントでは数量限定生産の靴下が並びます。

主にカシミヤとアルパカを用いて、全てハンドニットで作られた靴下は
冬の室内での重ねばきをイメージして「WINTER SOCKS」と名付けられました。
かかとなどが擦り切れてしまった場合は、その箇所の編み直しも承ります。

生産背景や工程からアフターケアに至るまで
そのすみずみにyourwearの優しさが感じられるアイテムです。

 

yourwear

「あなたの衣服」を意味する秋冬のためのニットのブランド。
1年の約半分が吐く息が凍ってしまうような寒さである、北東北に生まれ育ったデザイナーが
寒さの中でもカシミアのセーターやハンドニットで柔らかなぬくもりに包まれる冬の生活を
という想いで、着る人・使う人の個性を描ける、シンプルで余白のあるデザインのニットを提案しています。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 9/30 fri. – 10/10 mon.
Address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: 10/3 mon.
Tel: 03-3716-1202

Antique Furniture Collections 2016 vol.3

第1弾、第2弾の入荷では、多数のお客様にご来店いただきまして

誠にありがとうございました。

アンティーク家具フェア、最後の新着品が9月27日(火) からご覧いただけます。

our_shop2015_01_13
第3弾ではRECTOHALLでは定番のチェアが20脚以上
そのほかテーブルや小物類が入荷予定です。

ヨーロッパ各国で1920~70年代頃に生産された家具や小物。
メンテナンスにより装飾や汚れを削ぎ落としているので、コンテンポラリーな空間にも馴染み、
新品には持ち合わせない時を経たぬくもりが魅力です。

この機会にぜひお立ち寄りくださいませ。

また新着品は、まずは店頭へお越しいただいたお客様にご覧いただいておりますが
オンラインショップでも入荷後1〜2週間程でご紹介する予定です。
商品アップの際にメールでのご案内もお送りしていますので、ご希望の方はお気軽にご連絡ください。




The 3rd arrival



date: 9/27 tue. START
access: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:30 – 19:30
Tel: 03-3716-1202

Category : event  posted by RECTOHALL