NEWS! - information

NAOTSUGU YOSHIDA EXHIBITION 2018

NAOTSUGU YOSHIDA EXHIBITION 2018
2018/1/6 sat. – 1/22 mon.

陶芸家 吉田直嗣の個展を開催します。

富士山麓で作陶を続け、海外においても活躍を拡げる吉田直嗣。

その作品はストイックでエッジが効いた印象とおおらかな人の気配が混在しているのが魅力です。
新年、レクトホールに一つ一つ個性の豊かな作品が多数並びます。

是非この機会にご覧下さいませ。


定番の白磁・灰釉の白から、ライトグレー、鉄釉の黒まで
吉田直嗣の作陶する品々が、一同に勢ぞろいする貴重な個展となります。


SPECIAL

和洋を問わずデイリーに使いやすく、かつシックで美しい佇まいの器を今回のために作っていただきました。
カレーやスープにちょうど良いものが届きます。


吉田直嗣氏の記事が下記メディアにてアップされております。
是非ご覧くださいませ。
madameFIGARO.jp
暮らしとおしゃれの編集室



date: 1/6 sat. – 1/22 mon.
access: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:00 – 19:00
close: 1/9 tue. & 1/15 mon.
tel: 03-3716-1202

yourwear 2017 AW Collections

yourwearによる2017秋冬のコレクションをご紹介します。

イベントには新色が加わった定番のストールやキャップ、
それぞれの個性が楽しい一点物のミトンが並びます。

北国の霞がかった空のような静かな青い箱の中に
様々な糸を組み合わせて作ったミトン。

箱を開けた瞬間、冬の寒さまでもが嬉しくなるように
温かな想いや楽しい想像も詰め込める贈り物にもぴったりのアイテムです。

また今年のストールやキャップは、身に着けた時に
素材の風合いや表情が感じられるようなベーシックカラーを基調としたコレクションです。

ぜひこの機会にyourwearならではのニットの魅力を感じていただければと思います。

デザイナー在店日:12/17  sun.

yourwear

「あなたの衣服」を意味する秋冬のためのニットのブランド。
吐く息が凍ってしまうような寒さの北東北に生まれ育ったデザイナーが
柔らかなぬくもりに包まれる豊かな冬の生活をという想いで制作しています。
着る人・使う人の個性を描ける、シンプルで余白のあるデザインのニットです。

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 12/12 tue. – 12/28 thu.
Address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: monday
Tel: 03-3716-1202

Yoshimitsu Nakasono Exhibition 2017

昨年に引き続き、作家 中囿義光の個展を開催します。

3度目となる今年の個展は
中囿義光にとってのRECTOHALLを、作品を通して自由に表現してもらいます。

好きなものを形にした結果生まれた不揃いは、選ぶ楽しみに繋がればいい。
考えるのではなく浮かぶこと、雰囲気の完成度を意識しながら形にしたい。

それはRECTOHALLで言えば
無名のアンティークプロダクトを選び取り店頭に並べるときの感覚に少し近いかもしれません。

出会ってからの3年間を通して作家のなかに蓄積されたRECTOHALLのイメージから
まるで骨董市で見つけ出すかのような、一点ものが作り上げられます。

作家在店日:12/9 (sat)

中囿義光(なかその よしみつ)

1984年 愛知県名古屋市生まれ。
2009年 名古屋造形大学大学院 造形研究科芸術専攻修了後、
多治見市にあるstudio MAVOにて作陶開始。

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 11/28 tue. – 12/10 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: 12/4
Tel: 03-3716-1202

犬飼眼鏡枠 展示受注会

RECTOHALLにて、犬飼眼鏡枠の展示受注会を開催します。

 

普遍的な形をベースに、手仕事ならではの技術を用いて生まれる特別な眼鏡枠。

ブランドが生まれた際の最初のデザイン THE FIRST。
古いオーダー枠の曲面を再現して生まれた匙型の丸眼鏡 SAJI。
クラシカルなウェイリントンをベースにブラウン管テレビの画面周りのような雰囲気を取り入れた MARQUEE。

今回は、眼鏡枠の道具としての機能を見直し新しい機構へアップデートし生まれ変わった
ブランド定番の「THE FIRST」に上記の新作の2型を加え、3モデルをお披露目いたします。

カラーバリエーションも様々に
実際に手に取って犬飼眼鏡枠のアイテムをお選びいただくことができる希少な機会となります。

眼鏡枠の素材を活かしたアクセサリーも併せて販売いたします。

※最初の3日間(11/10~12)に限り旧モデルサンプルの販売を行います。
旧作7型の全カラーバリエーションが揃います。

皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

犬飼眼鏡枠

2016年、職人、犬飼厚仁により生まれた眼鏡枠ブランド。
長野県松本市で行われた「工芸の五月」への出展と並行して
同松本市に工房兼店舗をオープンし、以後、自身の工房での受注を軸にしながら
いくつかのギャラリーで展示会受注会を開催。
手と機械、手仕事でしか出来ないもの、機械ですべきもの。
塩梅と精度、工芸と工業、混じりあった眼鏡枠の生産を行っています。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 11/10 fri. – 11/16 thu.
Close: 11/13 mon.
Address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Tel: 03-3716-1202
Contact: official@rectohall.com

※11/10~12は作家が在店いたします。

Honor gathering 2017 A/W Pants Fair

10月17日(火)から11月5日(日)までの期間
Honor gatheringの春夏パンツのフェアを開催します。

 

Honor gathering “Tapered Pants”

Honor gatheringのテーパードパンツは、その変わらない魅力からRECTOHALLが始まって以来ずっと定番として扱っているパンツです。

1980年代ころに流行ったタックパンツの流れを組んだ現代のテーパードパンツですが、トラディショナルを踏襲しつつもモダンな印象を併せ持つ Honor gathering のそれには、洗練され華美になり過ぎないどこか懐かしさを感じるような佇まいがあります。

太もも部分にゆとりを作りながら裾に向かってシェイプされ、足を細く長く見せてくれるテーパードパンツ自体の持つ実用的な使いやすさがありながらも、どのデザインもHonor gatheringらしいエッセンスが加えられています。

アイテム毎に少しづつデザインは異なりますが、9分前後の長すぎない丈で作られていることが特徴です。やや短めのパンツは、テーパードシルエットだからこそすっきりと現代的な印象となります。

素材もウール、サマーウール、コットンとさまざま。糸の表情・落ち感・艶感・密度・色などの全ての要素を考慮してシーズン毎に魅力的なパンツを作り出しています。

ぜひこの機会にお越しくださいませ。

ーー

Honor gathering (オナー ギャザリング)

代官山にあった古道具店 BROCANTE ANTIQUES のオーナーだったデザイナーが、2010年の秋冬シーズンからスタートしたHonor gathering。

100年単位で移り行く大きな時代の変化と現代ファッションとの関わりあいを大切に、クラシカルとモダンを組み合わせながら作られるHonor gatheringの衣服。

そのブランド背景にあるヨーロッパの古物への造詣の深さは、デザインされた衣服の節々から感じとることができます。

ーー

Fair Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 10/17 tue. – 11/5 sun.
Address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: monday
Tel: 03-3716-1202
Contact: official@rectohall.com

niuhans 2017 Autumn/Winter Collection

RECTOHALLにて、niuhansの秋冬コレクションを特集します。

niuhans_17AW

 

「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」

人種・性別・年齢・職業を問わず、世界中の人々の生活環境にフィットするようにと
提案を続けているniuhansのコレクションは
日本だけではなく西欧の伝統的モノ作りを反映しながらも
生活にスッと溶け込む、シンプルかつクリーンなもの。

カシミア混のふんわりとした肌触りのスビンコットンカシミアTシャツ。
アニスとログウッドの植物から染料を抽出した、温かなオーガニックコットンフランネルシャツ。
京都の老舗工房で、熟練した職人がハンドメイドで丁寧に仕上げたダブルフェイスコート。
スロヴァキアの老舗 NOVESTAへ別注した新色ブラウンの上品なレザースニーカー。

ベージュ、キャメル、グリーン、ネイビーといった深みのあるカラーを基調に
良質な素材、手作業、モダンなシルエットの中に柔らかさを程よく取り込んだ
niuhansの2017年秋冬コレクションが、フルラインナップでご覧いただけます。

 

niuhans

デザイナー濱田大輔が、パリ Maison Kitsune、ロンドン Ann-Sofie Back 等の
コレクションブランドでの経験を経て2010年に立ち上げた東京を拠点とするブランド。
2011年春夏コレクションでデビュー。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 9/29 fri. – 10/15 sun.
Address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: Monday
Tel: 03-3716-1202
Contact: official@rectohall.com

ViN × RECTOHALL “Order Exhibition 2017”

RECTOHALLにてViNの受注販売会を開催します。

ViN_2017

 

バッグや財布、キーケースなど、ViNのラインナップの多くが
店頭でご覧いただける希少な機会となります。

長く人気の定番品はもちろん、新たに取り入れた素材であるカウワックスレザーのキューブバッグや
伝統的でありながらどこか新鮮さも感じる
ブライドルレザーのクロシェットキーケースなどもご紹介いたします。

また受注生産の納期には通常、約3ヶ月程いただいておりますが
今回の受注販売会では、すぐにお届け出来るものもございます。

ぜひこの機会にRECTOHALLまで足をお運びくださいませ。

※納期はアイテム、イベント状況により前後いたします。詳しくはお尋ねくださいませ。

 

ViN_2017new

 

ViN

2009年よりスタートしバッグや財布を中心に、
裁断から仕上げまですべて、職人の手作りにより生産。
『日常、暮らしの中で使いやすい物』をコンセプトに、
長く愛用出来て素材そのものを楽しんでもらえる物を提案しています。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 8/15 tue. – 8/27 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: 8/21 mon.
Tel: 03-3716-1202

KODAMA TOKI “LEVEL & MY DISH”

RECTOHALLでは初めてのご紹介となる小玉陶器の展示販売会を開催いたします。

KODAMA TOKIで制作された陶磁器の品々。
ミニマムで軽やかでありながら、作家の温もりも感じる作品です。
今回はテーブルウェアのシリーズをご紹介いたします。

 

SONY DSC

 

筒状の型に液体の土を流し込みその深さを変えることで、
お皿からコップまで様々な器になる「LEVEL」。
一つ一つの器の縁に個性が現われます。

 

 

作家が自身のために作り、
それをお裾分けする様な気持ちで制作しているお皿のシリーズ「MY DISH」。
和洋問わず美しい佇まいです。

LEVEL、MY DISH、計50型以上をフルラインナップでご覧いただける機会となります。

 

小玉陶器/KODAMA TOKI

二人組によるデザインユニット ON ZA LINE として活動をしていた小玉清美によるソロプロジェクト。
主に石膏型を用いて、陶磁器製のアクセサリーやテーブルウェアを制作。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 7/21 fri. – 8/13 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: Monday
Tel: 03-3716-1202

TARV 2017 Spring/Summer Collection

5月26日(金)から6月4日(日)までの期間
RECTOHALLで定番で紹介をしているニットウェアブランド
TARVの2017年春夏コレクションを、特集します。

TARV2017

 

1つ1つの服の向こう側に垣間見える、甘すぎずない凛とした大人の佇まい。

TARVのニットウェアの繊細に編み込まれたテクスチャーのなかには
素朴な雰囲気とモード感、あるいは女性らしいマニッシュさとエレガントさといった
2つの空気が共存しています。

また上質な素材へのこだわりと、丁寧で繊細な仕事が生む出す着心地の良さからは
「服、デザインは着る人のためのものであり、彼女、彼らをより魅力的に引き立てる為の脇役でありたい」
というTARVの想いや、その背景にあるデザイナー自身の物への知見の深さが感じられます。

今期のTARVはKawano Midoriによるアートワークを根幹に
写真家・黒田菜月がルックブックを作成。

これまでのイメージを踏襲しながら、新しい地平もまた感じ取ることができる
TARVの2017年春夏コレクションを、ぜひご堪能ください。

 

TARV ONLINE STORE

イベント会期に合わせ、
5月26日(金) よりRECTOHALLのHPにてTARVの春夏コレクションをご紹介します。

> TARV Online Shop Page

 

TARV

2013年にスタートしたユニセックスのニットウェアブランド。

日常を愛する人の生活に必要なアイテムでありたい、という想いから生まれ
日本の職人達の、丁寧で繊細な手仕事で編み上げられた上質なコレクションは
着る人の体格、体温や癖、生活習慣や環境によって、寄り添うようにさまざまに表情を変化させます。

 

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 5/26 fri. – 6/4 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: 5/29 mon.
Tel: 03-3716-1202
Contact: official@rectohall.com

THE HINOKI 2017 Spring/Summer Collection

光を感じ、柔らかく自由、かつ知的。

5月12日(金)から5月21日(日)までの期間
THE HINOKIによる春夏コレクションの特集を、昨年に引き続き開催します。

THE-HINOKI_2017SS

THE HINOKIの衣服は身につけたときに
凜とした空気感とモノとしての美しい佇まいを感じます。

上質で健全な衣服という価値観を大切にし
例えばオーガニックコットンやボタニカルダイといった
伝統的な素材や技法を活用する生産背景には、通底する理念と意思があります。

低速シャトル織機による、しっとりとした高密度コットンブロードのシャツ。
しなやかな肌心地のオーガニックコットンツイルのスタンドカラードレス。
ボタニカルダイで染めた、オーガニックコットン天竺のTシャツやワンピース。

THE HINOKIならではのイメージが投影されたコレクションが
フルラインナップでご覧いただけます。

デザイナー在店日 : 5/12 fri.

THE HINOKI / Yuhki Touyama 『2016-2017』

1年を通して写真家 頭山ゆう紀氏 によって撮影された
THE HINOKI の写真集を販売いたします。

THE HINOKI

2015年より活動をはじめる。ブランド設立を機に、都会から離れ
木々や田畑の広がる自然環境の中で生活と制作の日々を過ごす。
世界中から厳選された、オーガニックコットン、リネン、ウール等の
上質で健全な天然素材、天然染料を主に使用した衣服を制作。

活動拠点に近い目の届く範囲での物作りを実践し
精神、社会、環境、同時代を生きる人とつながり、共生できる表現活動を
という想いで活動をしています。

Event Date & Place

Place: RECTOHALL
Date: 5/12 fri. – 5/21 sun.
Adress: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
Open: 12:30 – 19:30
Close: 5/15
Tel: 03-3716-1202
Contact: official@rectohall.com