NEWS! - 【Leather by ViN】

【Leather by ViN】

RECTOHALLで定番として扱っているViNのレザーアイテムの魅力。
そんなViNが、アイテムやデザインに合わせて選んだ
ヨーロッパを中心とした伝統的なレザーの生産背景をご紹介します。

 

イタリア、トスカーナの伝統的なバゲッタレザー

ViNが長く大切にし、RECTOHALLでも定番として扱ってきたのは
イタリア、トスカーナの老舗タンナーで樹木のタンニンを使い
手作業でのなめすバゲッタ製法と呼ばれる技法で作られたレザーです。
ViNでは、主に2種類のバゲッタレザーが使われています。

 

ViN_leather2

 

1つは “Newyork” と呼ばれるイタリアのトスカーナの
伝統あるタンナーによってなめされたバケッタレザー。

適度な硬さとしなやかさが感じられるのが特徴で、
革本来の風合いを生かすために透明感のある染料を用いて、仕上げられています。

RECTOHALLで扱っている商品では、
ポケットウォレットやネームカードケース、バッグ類に使用されています。

※現在ご用意があるのはクロ、グレーのお色となります。

 

ViN_leather3

 

もう1つは “Revers” と呼ばれる、同じくイタリアのトスカーナの地で
Newyorkとは異なるタンナーでなめされたバケッタレザー。

名前の通りリバーシブルとなっていて、
レザーの裏面をそのまま表地として使えるように毛足をねかせる
特殊な処理を施したバックスキン加工が特徴です。

ギャルソンウォレットやロングウォレットといったアイテムに使用されているレザー。
しなやかさ柔らかさと、アイテムの表面に使われたバックスキンが、
ほかにはないモノとしての魅力的な佇まいを生み出しいています。

どちらのバゲッタレザーも使ううちに程良くツヤがあがり
だんだんと肌馴染みの良くなっていきます。

 
_

 

1つ1つのレザーには異なった生産背景があり

そのどれもが使い手に渡り、長く使い続けられることで、固有の魅力を生み出していきます。

RECTOHALLが共感する、ViNの名前の由来にもなっている「お客様の手に渡った後、時を経てヴィンテージになるまで使って欲しい」という想いを大切に、素材の特徴を丁寧にご案内しながら、アイテムのご紹介ができればと思っています。

ぜひRECTOHALLの空間に並ぶViNのアイテムを、店頭までご覧にお越しくださいませ。

 

ViN

2009年よりスタートしたレザーブランド。
「日常、暮らしの中で使いやすい物を」を基本に作り続けている。
トレンドを意識せず、長く使える物、その素材そのものを楽しんでもらえる物を提案。

 

OnlineShop

 

Category : ViN  posted by RECTOHALL