event

THE HINOKI event

 

 

 

THE HINOKI 2022 Fall/Winter POP UP SHOP
9/27 tue. – 10/10 mon.

 

 

 

 

光を感じ、柔らかく自由。
THE HINOKIの2022秋冬コレクションを特集いたします。

 

 

 

 

THE HINOKIの衣服は身につけた時の柔らかな空気感と
モノとしての凛とした佇まいを持ち合わせています。

 

ブランド設立を機に鳥取県に拠点を移し、
環境や社会に配慮しながら作られる有機的で良質な衣服。

 

今季は、オリジナル幾何学模様の刺子風ステッチを施したキルティング素材のジャケットや
ウールリネン混コットンツイルに中綿を入れたコートやパンツ、
カシミヤに近い肌触りのメリノウールを使用したホールガーメントニット、
和歌山産地の旧式編み機による肉厚で暖かな裏起毛スウェットのセットアップなど。

 

様々な環境で栽培・生産されたオーガニックコットンやウールを基に、
それらを日本各地でオリジナルファブリックへと作り上げ、作品に用いています。

 

シーズンカラーは、落ち着いたトーンのダスキーグリーン・セージ・モスに加えて
鮮やかに映えるピンクなど、秋から冬へと移りゆく季節に寄り添う色展開です。

 

世界中から厳選した素材と彼らの大事にする身近な地域の技術を用いた
THE HINOKIのコレクションをぜひご覧下さいませ。

 

 

 

 

RECTOHALL ONLINESHOPでもご紹介いたします。
ぜひご覧下さいませ。
 

 
 

THE HINOKI 檜氏 在店予定日:10/1 sat.
 

 

 

THE HINOKI

 

有機的な衣服とそれに基づく表現活動。
自然のサイクルに従って栽培収穫されたオーガニックコットン、リネン、ウール などの天然素材、
リサイクルされた原料を使用した生地など、良質で健全な素材を使用した衣服を制作。
それらの多くは日本国内の彼らの活動拠点に近い地域で、環境や社会に配慮した生産工程により作られています。
www.the-hinoki.com

 

 

Date

 

9/27 tue. – 10/10 mon. 
12:00 – 19:00 closed on 10/3 mon.
RECTOHALL
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202
official@rectohall.com
rectohall.com

 

 

 

yourwear order & pop up shop 2022 A/W

 

 

 

yourwear order & pop up shop 2022 A/W
9/13 tue. – 9/25 sun.

 

 

 

 

RECTOHALLにてユアウェアの新作オーダー&販売会を開催します。

 

 

 

 

yourwear Vneck cardigan

 

yourwearのウェアシリーズがスタートします。

 

始まりのきっかけは、二十代の頃に思い切って買い求めた憧れのアランニットです。
毎冬、毎冬、袖を通し、今では袖口のリブは伸びてほつれ、肘に穴も空き、襟ぐりは変色。
その都度小さなお直しをしていたものの、外に着て出かけるには難しくなりました。

 

「これ、きれいに直せたらなー」
「yourwearでこんな大事な存在になれる一枚が作りたいな」と、ふと思ったのが一昨年の春です。

 

先ずはカーディガン用に太番手用の編機を購入し、
自分達で生産からメンテナンスまでを行えるカーディガンの試作を繰り返しました。

 

糸は長年yourwearで使用している最高のものを選びながらも、
生活においてリアルなプライスで提供出来るよう
編み立ては全て手編みではなく手動編機と組み合わせる事に。

 

そして、通常のコースとは少し違った設計にする事で、
劣化しやすい衿ぐりや袖口を交換出来るようにしたことが大事なポイントです。

 

糸は高い品質と独特の色合いのイタリア、ビアジョリモデスト社のカシミヤ混。
温かさはもちろん、滑らかで素肌に着ても心地よく、自宅でのお洗濯も可能です。

 

性別、年齢問わず、多くの方にご愛用頂いているBASICのシリーズに加えて、
自分だけの一枚をお客様と作り手の私達が一緒に育てていくような存在のyourwearのウェアシリーズ。

 

これからどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

※カーディガンは糸の色をお選びいただいてクリスマス前までに制作いたします。
2色使い、丈の調整も可能です。

 

オーダー品以外に、その場でお持ち帰りいただける1点もののカーディガンや
新作のストールもご用意しまして、皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

ONLINE SHOP
オンラインショップでもご紹介しております。ぜひご覧くださいませ。
https://rectohall.com/onlineshop/products/list.php?category_id=57

 

 

 

 

TADAIMA

 

yourwearの「 TADAIMA」プロジェクト、ご存知ですか?

 

長年ご愛用いただいたyourwearのニットキャップやストール。
もし不要になりましたら、yourwearへお送り下さい。
新しい商品の素材として再利用します。

 

そして、お礼に様々な糸で作ったニットドールをお送り致します。
世界に一体しかないニットドールです。

 

こちらのプロジェクトに関しては、yourwearへお問い合わせください。
https://yourwear.jp/contact/

 

 

yourwear

 

「あなたの衣服」を意味する秋冬のためのニットのブランド。
吐く息が凍ってしまうような寒さの北東北に生まれ育ったデザイナーが
柔らかなぬくもりに包まれる豊かな冬の生活をという想いで制作しています。
着る人・使う人の個性を描ける、シンプルで余白のあるデザインのニットです。

 

 

Date & Place

9/13 tue. – 9/25 sun.
12:00 – 19:00  closed on 9/20 tue.
RECTOHALL
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202
official@rectohall.com
rectohall.com

 

 

 

ViN order & pop up shop 2022 summer

 

 

 

ViN order & pop up shop 2022 summer
7/20 wed. – 8/7 sun.

 

 

 

 

RECTOHALLにてViNのオーダー&販売会を開催します。

 

 

デザイナーの武冨さんによる無駄のない美しいデザイン。
時間が経ってもいつも今の気分にぴったりと感じます。

 

裁断、縫製、仕上げまでご自身でされているので、
ご本人にお修理をしていただけるのも嬉しいところです。

 

 

 

 

 

 

2way ShoulderやZip toteはふわり軽く、触り心地もなめらかな国産シュリンクレザーを使用。
コンパクトなFlat mini Shoulderや、きちんとした雰囲気のBoxy横長ショルダーバッグは
ハリとしなやかさを併せ持ったイタリアのブッテーロレザーを使用しています。

 

それぞれ特徴が異なる革ですが、大事な共通点は
修理を重ねても永くご愛用いただけるということ。

 

そのほかのモデルのバッグやお財布、ベルトなど、
幅広いラインナップで全アイテムをご紹介いたします。

 

 

 

 

オーダー品以外に、その場でお持ち帰りいただけるアイテムも十分ご用意しまして
皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

※オーダー品は、3ヶ月程度でのお渡しを予定しています。

 

レクトホールのオンラインショップでもご紹介いたします。
ぜひこの機会に併せてご覧下さいませ。
https://rectohall.com/onlineshop/products/list.php?category_id=59

 

 

ViN

2009年よりスタートしバッグや財布を中心に
裁断から仕上げまですべて、職人の手作りにより生産。
『日常、暮らしの中で使いやすい物』をコンセプトに、
長く愛用出来て素材そのものを楽しんでもらえる物を提案しています。

 

 

Date & Place

7/20 wed. – 8/7 sun.
12:00 – 19:00 closed on Monday
 

RECTOHALL
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202
official@rectohall.com
rectohall.com

 

 

 

YOSHIMITSU NAKASONO EXHIBITION 2022

 

 

 

 

 

YOSHIMITSU NAKASONO EXHIBITION 2022
6/7 tue. – 6/26 sun. ※ the second 6/17~

 

 

 

 

中囿 義光 器展 に第2弾が到着いたしました。
オンラインショップでもご紹介しております。
https://rectohall.com/onlineshop/products/list.php?category_id=83

 

 

 

 

 

 

 

 

中囿義光とレクトホールで共有してきた白く煌めくイメージ。
手作りの柔らかさと静かな中に作家の人柄が表れるようなユーモアも感じる器です。
今回は、赤や黄色のチェック柄などポップな新作も登場します。

 

好きなものを形にした結果生まれた不揃いは、選ぶ楽しみに繋がればいい。
考えるのではなく浮かぶこと、雰囲気の完成度を意識しながら形にしたい。
それはRECTOHALLで言えば、アンティークプロダクトを選び取り
店頭に並べるときの感覚に少し近いかもしれません。

 

第一弾 6月7日(火)〜 第二弾 6月17日(金)〜 スタートします!
まるで骨董市でお気に入りの一点を見つけ出すような感覚。
ぜひお楽しみいただければと思います。

 

 

 

 

 

 

中囿義光(なかその よしみつ)

1984年 愛知県名古屋市生まれ。
2009年 名古屋造形大学大学院 造形研究科芸術専攻修了後、
多治見市にあるstudio MAVOにて作陶開始。

 

 

Date & Place

6/7 tue. – 6/26 sun.
※ the first arrival 6/7 tue. ~ , the second arrival 6/17 fri.~
12:00 – 19:00 closed on Monday
 

RECTOHALL
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202
official@rectohall.com
rectohall.com

 

 

 

[ forme ] leather shoes order exhibition 2022

 

 

 

[ forme ] leather shoes order exhibition 2022
5/27 fri. – 6/5 sun.

 

 

いつもご好評いただいているformeの革靴の受注会を開催します。

 

 

 

 

formeの革靴から感じるクラシックへの敬意やクオリティーの追求といったシンプルな実直さ。
同時にファッションの流動性が生む、現代的で軽やかな空気感。
モノとしての美しい佇まいと足に馴染む心地よさ、長く履き続けられる技術力がフォルメにはあります。

 

職人による少量生産のため、店頭でサイズや型数が不足していることも多いformeですが
受注会では多数のサンプルをお試しいただけます。

 

 

 

 

今回は新作として、
久々にボリューム感のあるモデルのハンド モカ ブルーチャー(Uチップ)と
接ぎを無くしてミニマムな印象に仕上げたチェルシー(サイドゴアブーツ)が登場します。
共にレザーとラバーのソールがお選びいただけます。

 

カントリーに寄らず上品なイメージのUチップ。
厚みを持たせ形状は適度にラウンドしているスクエアを意識しています。
サイドゴアブーツは装飾性のない直線的なラインでまとめつつも、
足入れを考慮した緩やかな台形となっています。

 

また、前回にデビューしたタッセルローファーにスエードも加わりました。
モカのないプレーントゥのドレス感をお楽しみ下さい。

 

 

これまで長く愛されてきたアーカイブモデルもご用意いたしますので
この機会にぜひ併せてご覧下さいませ。

 

※受注品以外に、定番のプレーントゥシューズ、ローファーなど
その場でお持ち帰りいただけるアイテムも多数ございます。

 

皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

 

 

forme (フォルメ)

 

靴の土台である木型やパターンをフォルメデザイナーの小島明洋が設計。
日本の熟練した技術を持つクラフトマンと密にコミュニケーションをとりながら
美しいforme(形)でありつつ履き心地が良い、長く愛せる靴を提案しています。

 

 

 

 

Date & Place

 

5/27 fri. – 6/5 sun.
12:00 – 19:00 closed on Monday

 

 

RECTOHALL 
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202 
official@rectohall.com 
rectohall.com

 

 

 

niuhans & niuhans werkstatt 2022 Spring/Summer Last Collection

niuhans & niuhans werkstatt 2022 Spring/Summer Last Collection
5/10 tue. – 5/26 thu.
 

 

RECTOHALLにて
niuhans & niuhans werkstatt の2022年春夏コレクションを特集します。

 

 

 

 

「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」

 

人種・性別・年齢・職業を問わず、世界中の人々の生活環境に
フィットするようにと提案を続けているniuhansのコレクションは
日本だけではなく西欧の伝統的モノ作りを反映しながらも
現代にスッと溶け込む、シンプルかつクリーンなもの。

 

今季は昔ながらの『吊り編み機』でゆっくりと編まれた丸胴のオーバーサイズカットソーや
強撚糸のシャリ感が心地良いインディゴシャンブレーのオープンカラーシャツ、
ベーシックカラーに撥水加工を施したオーガニックコットンのハイゲージサマーニットなど
コットン、リネン、シルクを中心に清涼感のある凛とした佇まいのコレクションをご紹介します。

 

※niuhansはシーズン毎のコレクションスタイルは今季がラストとなり、
今後は特化したアイテムに絞って制作してまいります。

 

niuhansのラストコレクション、ぜひこの機会にご覧下さいませ。

 

 

niuhans

ニュアンス。
デザイナー濱田大輔が、パリ Maison Kitsune、ロンドン Ann-Sofie Back 等の
コレクションブランドでの経験を経て2010年に立ち上げた東京を拠点とするブランド。
2011年春夏コレクションでデビュー。

 

 

niuhans werkstatt

ニュアンス ウェルクシュタット。
全ての工程をniuhansアトリエ内で行い、
工場での大量生産(マスプロダクション)とは異なる手仕事による温もりや不均一さを持ったプロダクト。
今回は pig suede bag を展示販売いたします。

 

 

 

 

Date & Place

 

5/10 tue. – 5/26 thu.
12:00 – 19:00 closed on Monday

 

 

RECTOHALL 
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202 
official@rectohall.com 
rectohall.com

 

 

 

NOVESTA × aligatos

NOVESTA × aligatos
Slovak Sneaker & Japanese Socks 2022 S/S collections

2022/4/19 tue. – 5/8 sun.

 

 

スロバキアのスニーカー「NOVESTA」& 日本の靴下ブランド「 aligatos 」。
2ブランドによる POP-UP SHOP を開催します。

 

 


©NOVESTA JAPAN

 

 


©aligatos

 

 

aligatos(アリガトス)との出会いは、
デザイナーの香月さんがレクトホールへNOVESTA(ノベスタ)のスニーカーを
見にいらしたのがきっかけでした。
ご試着された時、黒に白が少し入った潔い印象のノベスタのスニーカーに
鮮やかなグリーンのソックスが映えていて、思わず「素敵な靴下ですね!」と声が出ました。

 

その靴下はご自身の靴下ブランドのものとのこと。
なるほど、やっぱり。なんとなくの靴下ではありませんでした。
ミニマムなファッションに冴えたソックスが印象的で心に残りました。

 

その後もお話を伺っているうちに、カラーリングが美しい2つのブランド、
ノベスタとアリガトスの相性の良さを感じて、
同時にご紹介出来たらという想いが膨らみ今回実現となりました。

 

軽快な履き心地、どこか素朴でクラシカルな印象が魅力のNOVESTAのスニーカー。
こだわり抜いたテクノロジーと洗練されたカラーバリエーションが特色のaligatosのソックス。
2つのブランドのコラボレーションをぜひこの機会にお楽しみ下さいませ。

 

※会期中、レクトホールのオンラインショップでもご紹介いたします。
NOVESTA
https://rectohall.com/onlineshop/products/list.php?category_id=72
aligatos
https://rectohall.com/onlineshop/products/list.php?category_id=119

 

 

NOVESTA

1939年、旧チェコ・スロバキアのパルチザンスケという町にスニーカー工場として誕生。
ラバーとキャンバスの製品に特化した靴工場は第二次世界大戦から現在まで、
ミリタリー、ワーク、ラバーブーツ、ランニングシューズなど、
純スロバキア産のフットウェアを作り続けている。
スニーカーブランドとしての[NOVESTA]は1992年に誕生。
ヨーロッパの繊細さと東欧ならではの素朴な質感が魅力のハンドメイドスニーカーを生産している。

 


©NOVESTA JAPAN

 

 

aligatos

aligatos (アリガトス)は2020年東京発、
履く人の事を考え設計されたMade in Japanの靴下ブランドです。
独自の編地で、どんな足型でもフィットする形状。
あらゆるファッションに合う色とデザインを拘りぬいた素材とテクノロジーで実現した
体と一体化する「足が喜ぶソックス」です。
aligatosには「ありがとう」の感謝の意味と「有り難し」という特別な日への想いを込めました。
つかい手のことを考えたデザインと品質で、「ソックスの新定番」を目指しています。

 


©aligatos

 

 

Date & Place

 

4/19 tue. – 5/8 sun.
12:00 – 19:00 closed on Monday

 

 

RECTOHALL 
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202 
official@rectohall.com 
rectohall.com

 

 

 

THE HINOKI 2022 Spring/Summer POP UP SHOP

 

 

 

THE HINOKI 2022 Spring/Summer POP UP SHOP
4/5 tue. – 4/17 sun.

 

 

光を感じ、柔らかく自由。
THE HINOKIの2022春夏コレクションを特集いたします。

 

 

 

 

THE HINOKIの衣服は身につけた時の柔らかな空気感と
モノとしての凛とした佇まいを持ち合わせています。

 

ブランド設立を機に鳥取県に拠点を移し、
環境や社会に配慮しながら作られる有機的で良質な衣服。

 

今季はアルティメイトピマオーガニックコットンを使用した肌触りの良い丸胴ボディのカットソーや
兵庫県播州産地で織ったオーガニックコットンツイルのパンツやバケットハット、
また、希少なフェルガナオーガニックコットンで編んだホールガーメント半袖ニットなど、
様々な環境で栽培されたオーガニックコットンを基に、それらを日本各地でオリジナルファブリックへと作り上げ、作品に用いています。

 

シーズンカラーは、チャコールブラック・グレー・ナチュラル・ホワイトなど定番色を軸に、
落ち着いたニュアンスカラートーンのブルーグレー・ピンク・レモン・ヌードなど豊かな色展開です。

 

世界中から厳選した素材と彼らの大事にする身近な地域の技術を用いた
THE HINOKIのコレクションをぜひご覧下さいませ。

 

 

※今回は感染拡大防止対策として実店舗だけでなく
RECTOHALL ONLINESHOPでもご紹介しております。
ぜひご覧下さいませ。

 

 

 

 

 

 

THE HINOKI

 

有機的な衣服とそれに基づく表現活動。
自然のサイクルに従って栽培収穫されたオーガニックコットン、リネン、ウール などの天然素材、
リサイクルされた原料を使用した生地など、良質で健全な素材を使用した衣服を制作。
それらの多くは日本国内の彼らの活動拠点に近い地域で、環境や社会に配慮した生産工程により作られています。
http://www.the-hinoki.com

 

 

 

Date

 

4/5 tue. – 4/17 sun.
12:00 – 19:00 closed on Monday

 

THE HINOKI 檜氏 在店予定日:4/9 sat.

 

 

RECTOHALL
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202
official@rectohall.com
rectohall.com

 

 

 

ooe pop up shop

 

 

 

ooe pop up shop
3/15 tue. – 4/3 sun.

 

 

毎回ご好評いただいている母と娘による手作りの洋服ブランド、
ooeのポップアップショップを開催します。

 

 

 

 

_______________________
 
ビバ!コットン大好き!

_______________________

 

どんなときでもコットンは私たちの味方

 

お部屋でくつろぐときも
ちょっとお出かけのときも
優しい着心地なのでオールシーズン着られます。

 

ダイヤカットに仕立てたカーディガンは
ウエストラインを細く見せ
ネイビーのカットソーはAラインに拡りを持たせ
サイドから見てもとてもきれい
ニュアンスカラーのカットソーは
どんな色にも合わせやすい

 

個性が際立つカットソーたちがせいぞろいです。

 

 

 

 

 

RECTOHALL ONLINESHOP

 

感染拡大防止対策として実店舗だけでなく
レクトホールのオンラインショップでもご紹介いたします。

 

 

 

from RECTOHALL

 

大江さんはマニッシュで凛としていて、これまで会った事のないような独特な美しさを持った女性です。
服装のせい?

 

思わずお聞きしました。
「それはどちらのお洋服ですか?」
すると、
「私が着ている服はほとんど、子供の頃から母が作っているんです。」

 

お母さまはアパレルでお仕事されたことはないとのこと。お母さんだけをやってきたそうです。
このセンスはどこから来たのでしょうね。手作りの才能が羨ましいです。

 

ooeの服を初めて見た時の新鮮な気持ちを、今回も皆さまにもお届けできればと思います。

 

 

 

ooe

 

袖を通してボタンをとめて、着てみてわかる心地良さ。
日常とともにある洋服と服作り。
デザイナーである娘が母と2人で目指してきた
シンプルでも人の目にとまるデザインの衣服を提案しています。
http://www.ooe.tokyo/

 

 

 

Date

 

3/15 tue. – 4/3 sun.
12:00 – 19:00 closed on 3/22 tue. 3/28 mon.

 

 

RECTOHALL
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202
official@rectohall.com
rectohall.com

NAOTSUGU YOSHIDA EXHIBITION 2022

 

 

 

NAOTSUGU YOSHIDA EXHIBITION 2022
2022/1/18 tue. – 2/20 sun. ※ the First 1/18~2/6  the Second 2/8~2/20


 

 

富士山麓で作陶を続け、海外においても活躍を拡げる吉田直嗣。
その作品はストイックでエッジが効いた印象とおおらかな人の気配が混在しているのが魅力です。

 

しっとりとした艶のある白と黒。
潔いカラーの吉田直嗣の器が、新年、勢ぞろいいたします。

 

 

 

 

日々の器、彩る花入。
どちらも気張らず自由な発想でデイリーに取り入れていただけたら嬉しいです。
今回は別注のカレー皿も登場します。用途を限らずお好きにお使い下さいませ。

 

一年に一度のこの機会にぜひご覧下さい。

 

第一弾 1月18日(火)〜
第二弾 2月8日(火)〜、スタートいたします!

 

作家在店日 : 1月18日 (火)

 

 

※今回は感染防止対策として、
オンラインショップでもご紹介いたします。
1/18 tue. 12時〜
※今回は感染防止対策として、 オンラインショップでもご紹介いたします。 1/18 tue. 12時〜 https://rectohall.com/onlineshop/products/list.php?category_id=74

 

 

 

from naotsugu yoshida

 

今を意識して、その感覚が本当に今かを問う作業を繰り返す。
去年からの変化の仕方、考えが深まるのか横にスライドするのか、違う軸が出来てくるのか。
それが並べるまで分からない事が楽しみで仕方ない。

 

 

 

吉田直嗣

 

1976年生まれ。東京造形大学卒業後、陶芸家黒田泰蔵に師事。
2003年富士山のふもとに築窯。器を中心に陶磁器の作品を制作している。
RECTOHALLでは、2012年より定期的に個展を開催。

 

 

 

Date

 

1/18 tue. – 2/20 sun. ※ the First 1/18~2/6 the Second 2/8~2/20
12:00 – 19:00 closed on Monday

※2月3日(木)は臨時休業となります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

RECTOHALL
東京都渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
03-3716-1202
official@rectohall.com 
rectohall.com