NEWS! - event

Souichi Ikemoto Exhibition 2020

 

Souichi Ikemoto Exhibition 2020
3/10 tue. – 4/5 sun.

 

レクトホールでは初となる池本惣一の器展を開催します。

 

 

池本惣一の白磁はシンプルで端正なフォルムの中にある どこか愛嬌を感じさせる抜け感が魅力です。
雑味、田舎っぽさ、そんな面白味があるのに洗練されたイメージ。
実直さと自由さのバランス、素朴な表情を持ち合わせたお人柄が作品に表れているように感じます。

親しみやすく、しゃんとした空気も持っている器です。

普段は大胆な絵付けも楽しい池本惣一の作品ですが、
今回はレクトホールをイメージしてセレクトしていただいた白磁を中心にご紹介します。
砥部陶石の明るい陶土に粗野な荒土を混ぜた新作もお披露目いたします。

ぜひこの機会にひとつひとつをご覧くださいませ。

 

池本惣一

1979年生まれ。立教大学文学部卒。
愛媛県砥部町出身。
父 池本忠義の遺志を継いで2010年から作陶開始。
登り窯による薪使用の焼成を行っている。

 

Date & Place

place: RECTOHALL
date: 3/10 tue. – 4/5 sun.
address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:00 – 19:00
close: monday
tel: 03-3716-1202
contact: official@rectohall.com

 

Yoshimitsu Nakasono Exhibition 2020

 

Yoshimitsu Nakasono Exhibition 2020
2/11 tue. – 2/24 mon.

 

毎回ご好評いただいている 中囿義光による器の個展を開催します。

 

 

中囿義光とレクトホールで共有してきた白く煌めくイメージ。
5度目となる今回はカラフルで楽しいアイテムが加わります。

水玉、ボーダー、クロスへ感じる懐かしさ。
手描きならではの個性が一人ひとりのストーリーにシンクロするような作品を
ぜひご覧いただけたらと思っています。

好きなものを形にした結果生まれた不揃いは、選ぶ楽しみに繋がればいい。
考えるのではなく浮かぶこと、雰囲気の完成度を意識しながら形にしたい。

それはRECTOHALLで言えば
無名のアンティークプロダクトを選び取り店頭に並べる時の感覚に近いのかも知れません。

まるで骨董市でお気に入りの一点を見つけ出すような特別な気持ち。
ぜひお楽しみ下さいませ。

 

作家在店日:2/24 mon.

 

中囿義光(なかその よしみつ)

1984年 愛知県名古屋市生まれ。
2009年 名古屋造形大学大学院 造形研究科芸術専攻修了後、
多治見市にあるstudio MAVOにて作陶開始。

 

Date & Place

place: RECTOHALL
date: 2/11 tue. – 2/24 mon.
address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:00 – 19:00
close: 2/17 mon.
tel: 03-3716-1202
contact: official@rectohall.com

 

yourwear オンラインショップ入荷のお知らせ

 

[youwear オンラインショップ入荷のお知らせ]

 

開催中のyourwear POP UP SHOPでご案内しているミトンやストール、マフラー、ニットキャップが
オンラインショップにも入荷いたしました。

POP UP SHOPの期間中 12/29(日) までのみ購入できるモデルもありますので、
ぜひこの機会をご利用くださいませ。

 

-yourwear-
https://rectohall.com/onlineshop/products/list.php?category_id=57

 

気になる アイテムがございましたらお気軽にお問い合わせください。
また、お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

 

yourwear 2019 AW Collections

 

“yourwear 2019 AW Collections”
12/10 tue. – 12/29 sun.

yourwearの2019秋冬コレクションをご紹介します。

 

 

手編み機によるざっくりとした質感が心地良いウールカシミアスヌード&マフラーや
生まれて初めて刈り取ったベビーアルパカの毛を使ったふんわりと弾力のあるストール、
柔らかなカシミアのケーブル模様が美しい手編みのニットキャップなど
ユアウェアによる冬の小物が今年も揃います。

 

細くしなやかな長繊維で編んだカシミヤストールの色を鮮やかに一新。
ベーシックなカラーと共に、ユアウェアらしい自然の美しさを感じる優しい色合いをお楽しみください。

 

 

一点もののミトンも個性豊かに並びます。

永くお使いいただきたいという気持ちを込めてお直しのリーフレットも
ご用意しております。

男性女性問わず、秋冬の贈り物にもぴったりのアイテムです。
ぜひこの機会にご覧下さいませ。

 

 

yourwear

「あなたの衣服」を意味する秋冬のためのニットのブランド。
吐く息が凍ってしまうような寒さの北東北に生まれ育ったデザイナーが
柔らかなぬくもりに包まれる豊かな冬の生活をという想いで制作しています。
着る人・使う人の個性を描ける、シンプルで余白のあるデザインのニットです。



Date & Place

place: RECTOHALL
date: 12/10 tue. – 12/29 sun.
address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:00 – 19:00
close: monday
tel: 03-3716-1202
contact: official@rectohall.com


[ forme ] leather shoes order exhibition 2019

 

[ forme ] leather shoes order exhibition 2019
11/12 tue. – 11/24 sun.

いつもご好評いただいているformeの革靴&小物の受注会を開催します。

 

 

formeの革靴から感じるクラシックへの敬意やクオリティーの追求といったシンプルな実直さ。
同時にファッションの流動性が生む、現代的で軽やかな空気感。
モノとしての美しい佇まいと足に馴染む心地よさ、長く履き続けられる技術力がフォルメにはあります。

職人による少量生産のため、店頭でサイズや型数が不足していることも多いformeですが
受注会では多数のサンプルをお試しいただけます。

今回の新作4種は、つま先のボリュームを少し抑えることで
カジュアルだけでなくセミドレスにも より相性の良い新木型を採用しています。
従来より大人っぽいイメージの外羽根プレーントゥシューズや
細かく編んだレザーが見た目にも涼しげな夏用のメッシュシューズ、
ブラッシュアップされたTストラップシューズ、
スタンドカラーホールカットシューズをご紹介いたします。

これまで長く愛されてきたアーカイブモデルもご用意いたしますので
この機会にぜひ併せてご覧下さいませ。

受注品以外に、その場でお持ち帰りいただけるアイテムもございます。
皆様のお越しを心からお待ちしております。

 

 

forme (フォルメ)

靴の土台である木型やパターンをフォルメデザイナーの小島明洋が設計。
日本の熟練した技術を持つクラフトマンと密にコミュニケーションをとりながら
美しいforme(形)でありつつ履き心地が良い、長く愛せる靴を提案しています。

Date & Place

place: RECTOHALL
date: 11/12 tue. – 11/24 sun.
address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:00 – 19:00
close: monday
tel: 03-3716-1202
contact: official@rectohall.com

niuhans 2019 Autumn/Winter Collection

 

niuhans 2019 Autumn/Winter Collection
10/22 tue. – 11/10 sun.

RECTOHALLにて、niuhansの 2019年秋冬コレクション を特集します。

 

 

「ここにあるもの そこにあるもの 変わらないもの」

人種・性別・年齢・職業を問わず、世界中の人々の生活環境にフィットするようにと
提案を続けているniuhansのコレクションは
日本だけではなく西欧の伝統的モノ作りを反映しながらも
生活にスッと溶け込む、シンプルかつクリーンなもの。

今季はデスヴァレーの雄大な荒涼さを彷彿とさせるような
粗野感が心地よいシェットランドウール&リネンのシャツやワンピースをはじめ
カシミア程に細いメリノウールをフェルトの質感に縮絨加工したローゲージセーターやガウンコート、
素肌でも着れる程、肌触りが柔らかなウォッシャブルウールのカットソーなど
乾いた大地の中に滑らかな潤いを感じさせるようなコレクションです。

鎌倉を拠点とした革小物ブランド『Era.(イーラ)』とのコラボレーションによる
フランス・デュプイ社のカーフレザーを使用したショルダーポーチや
毎シーズンご好評いただいているスロヴァキアの老舗 NOVESTA × niuhans の
新作スニーカーもご紹介いたします。

この機会にぜひご覧下さいませ。

 

niuhans

デザイナー濱田大輔が、パリ Maison Kitsune、ロンドン Ann-Sofie Back 等の
コレクションブランドでの経験を経て2010年に立ち上げた東京を拠点とするブランド。
2011年春夏コレクションでデビュー。

 

Dates

dates: 10/22 tue. – 11/10 sun.
open: 12:00 – 19:00
close: 10/28 mon.  11/5 tue.
access: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
tel: 03-3716-1202

 

THE HINOKI 2019 Fall/Winter Collection

 

THE HINOKI 2019 Fall/Winter Collection
10/11 fri. – 10/20 sun.

光を感じ、柔らかく自由。
THE HINOKIの2019秋冬コレクションを特集いたします。

 

 

THE HINOKIの衣服は身につけた時の柔らかな空気感と
モノとしての凛とした佇まいを持ち合わせています。

ブランド設立を機に、都会から離れ木々や田畑の広がる自然環境の中で
生活と制作の日々を過ごすデザイナーが生み出す良質で健全な衣服。

今回は、低速シャトル織機による ふっくらとした質感の馬布クロスのセットアップやシャツドレス、
生地の厚み・糸・染色方法を厳選して豊かな表情を楽しめるシャツコート・カットソー・ウールカシミヤニットなど
素朴な天然素材の美しさとTHE HINOKIらしい斬新なデザイン性も感じられるアイテムが並びます。
Black・Dark Gray・Naturalの定番色と共に
PinkやChaiなどやわらかく奥行きのある色彩でご紹介いたします。

世界中から厳選した素材と彼らの大事にする身近な地域の技術を用いた
THE HINOKIのコレクションをぜひご覧下さいませ。

 

デザイナー在店日 : 10/19 sat.

 

 

THE HINOKI

2015年 設立。有機的な衣服とそれに基づく表現活動。
オーガニックコットン・リネン・ウールなどの良質で健全な素材・染料を使用した衣服を制作。
それらの多くは活動拠点に近い地域でつくられ、自然、コミュニティと共生し調和する。
the-hinoki.com

 

Date & Place

place: RECTOHALL
date: 10/11 fri. – 10/20 sun.
address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:00 – 19:00
close: 10/12 sat.
tel: 03-3716-1202
contact: official@rectohall.com

 

※ 10/12 sat.は台風の影響により、営業をお休みさせていただきます。
それ以外の日程は休まずオープンいたします。

 

[ yo asa ] coat order exhibition

 

[ yo asa ] coat order exhibition
9/25 wed. – 10/6 sun.

yo asa のコート受注会 を開催します。

 

 

お出しするのはコート1型です。
1型と言っても、生地は10種ほどご用意がございます。

受注製作で、11月中旬までに納品予定。
サンプルをもとに、生地、着丈、袖丈、ボタン仕様、ポケットの形をお選びいただきます。

デザイナーはすべての日程に在店します。
※10/5 sat.のみ15時頃までの在店となります。

様々着比べてお楽しみ下さいませ。

 

yo asa
yo asaは2014年から活動する服屋。

現在はコート1型を受注製作している。

ウール地の魅力が際立つロングコートは着丈や袖丈、ポケットの形などをカスタム可能。

ミニマルでありながら1点ずつハンドメイドすることによる温度感を帯びた仕上がりとなっている。

 

Date & Place

place: RECTOHALL
date: 9/25 wed. – 10/6 sun.
address: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
open: 12:00 – 19:00
close: monday
tel: 03-3716-1202
contact: official@rectohall.com

“ooe pop up shop”

 

ooe pop up shop
9/10 tue. – 9/23 mon.

今回で5度目。毎回ご好評いただいている母と娘による手作りの洋服ブランド、
ooeのポップアップショップを開催します。

 

 

from ooe

session

服を通じて
着ていただいて初めて受け取るもの
インスピレーション
そのかけらたちを繋ぎ合わせる

母は育った故郷に住まい
アトリエは元私が使っていた子供部屋
近所のサトシが作ってくれた手製の作業台で
日々、洋服作りに取り組んでいます。

幼い私に作ってくれた世界に一枚だけの服
今は、ooeの洋服を好きになってくれた皆様へ心を込めて
服を通じての出会いと直に届くお客様の声を聴き、持ち帰ってはまた新しいデザインが生まれてゆきます。
こうして少しづつ変わるデザインやアトリエ、決して商業的では無いけれど
とてもクオリティが高くて他ではお求めできない希少な洋服たち
娘の私が自信を持っておすすめします。

9/14(土)  15(日)  22(日)  23(月祝) は母と娘で在店する予定です。

 

from  RECTOHALL

大江さんはマニッシュで凛としていて、これまで会った事のないような独特な美しさを持った女性です。
服装のせい?

思わずお聞きしました。
「その服はどこの服ですか?」
「私が着ている服はほとんど、子供の頃から母が作っているんです。」

お母さんはアパレルでお仕事されたことはないとのこと。お母さんだけをやってきたそうです。
このセンスはどこから来たのでしょうね。手作りの才能が羨ましいです。

ooeの服を初めて見た時の新鮮な気持ちを、今回も皆さまにお届けできればと思います。

 

ooe

袖を通してボタンをとめて、着てみてわかる心地良さ。
日常とともにある洋服と服作り。
デザイナーである娘が母と2人で目指してきた
シンプルでも人の目にとまるデザインの衣服を提案しています。
http://www.ooe.tokyo/

 

Dates

dates: 9/10 tue. – 9/23 mon.
open: 12:00 – 19:00
close: 9/17 tue.
access: 渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズ GF
tel: 03-3716-1202

※デザイナー在店日  9/14 sat.  15 sun.  22 sun.  23 mon.

Category : event, ooe  posted by RECTOHALL