NEWS - Pois É

Pois É

 

 

Special feature of Pois É
& RECTOHALL 10th ANNIVERSARY

 

 

レクトホールは今年で10周年を迎えます。
皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今回はレクトホールで扱ってきたアイテムやブランドさまに対する想いを
Pois É(ポイズ・エ)さんに乗せてお伝えできればと思います。

 

 

 



 

 

Pois É に出会ったのは、まだリムアートだった頃。
うちの空間を気に入って下さって展示会場としてご利用いただいたのがきっかけでした。

 

 

モードともカジュアルとも簡単には言えない
まるで美術作品のような洗練された空気感に惹かれました。

 

 

 

 

 

 

その後しばらくしてレクトホールを始めることになりました。10年前のことです。
日常とは違う一歩踏み入れた時にハッとするような感動がある店にしたい。
テーマは「国・時代・性別の垣根がなく、物や人の素の部分に触れられるような店」。

 

 

ジェンダーレスがコンセプトの一つになるので、
扱うことの出来るブランド、アイテムはどんどん狭まりました。
Pois É さんに限らず、レディース、メンズにカテゴライズされた色気のある魅力的なブランドは扱えない、
でもそうすることでレクトホールの枠組みが出来ました。

 

素敵なものは世の中にたくさんあります。無数の中から決めなければならない。
コンセプトに縛られることによって、好みかどうかだけではない基準が出来て
自ずと扱うものが決まってきたのです。

 

 

 


写真 / 2011 RECTOHALL オープン当時

 

 

 

この10年で世の中は変わっています。
周りから見るとどうかはわからないのですがレクトホールはそんなに変わっていません。
国連がSDGsを掲げ、ジェンダーレスも当たり前になってきた昨今、
10年前にお客様がここに非日常の感動を覚えてくださったとしても、もう当たり前になってきています。
もっともっと時代の少し先を。
理想を広げて同じテーマを追求するためにはアプローチを変えていかなければなりません。

 

 

「多様性やジェンダーレスって中性的なアイテムを集めることばかりではなくて、もっと自由なこと。」

 

 

オープン当初には扱えなかったPois É。
性別を超えた美しさと潔さ、ものとしての存在感、感動があるからぜひご紹介したいのです。

 

徐々にレクトホールのスタイルも出来てきました。
約束に縛られなくても大丈夫。

 

 

オープン当初から変わらないテーマ、
「国・時代・性別の垣根がなく、物や人の素の部分に触れられるような店」を
これからも目指していきます。

 

 

ここからの10年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

——————————————————————————————————————————

 

 

Special feature of Pois É(ポイズ・エ)
7/27 tue. – 8/9 mon.

 

 

 

レクトホールがオープンしてからの10年間に想いを馳せながら
7/27(火) ~ 8/9(月祝) までポイゼを特集します。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ店頭でご覧いただけたら嬉しいです。

 

 

ただこのようなご時世ですので…ご無理なさらず。
オンラインショップでも併せてご紹介しています!
ご高覧くださいませ。
RECTOHALL ONLINE SHOP

 

 

 

 

Pois É / ポイズ・エ

 

Ayumi Hiraoka / Kenichi Hiraoka
1998年より製作を始める。
ハンドメイドによる仕立ての良いコサージュ・帽子を中心に洋服やバッグも展開。
自然な素材感やシンプルな色、形から潔さが伝わる美しいコレクション。
現代美術に精通した二人の独特なモードに仕上げる感覚に魅せられる。

 

 

 

Date & Place

 

RECTOHALL
7/27(火) – 8/9(月祝) 休 8/2(月)
渋谷区恵比寿南2-15-6 グリーンヒルズGF
12:00 – 19:00
03-3716-1202
official@rectohall.com
rectohall.com

 

 

——————————————————————————————————————————